歯

インプラント治療の可能性|まるで自分の歯のような噛み心地を実感

セラミックの美しさ

楽しそうな人達

審美歯科クリニックでは「オールセラミック治療」に注目が集まっています。セラミックとは日本語で陶器を指しており、セラミックを使用してクラウンや差し歯の治療を行なうことをセラミック歯科治療と言います。クラウンとは、虫歯を治療した後の歯の上から被せる歯科材料のことです。クラウンは虫歯処理後の歯に大きな穴を塞ぐ役割があります。審美歯科治療で使用されるクラウンにはセラミック以外にもゴールドやジルコニアといった種類があります。これらの種類は全て保険外診療になるため、治療費は患者さんが全額自己負担という形になります。しかし保険診療よりも自由度が高いため、よりクオリティの高い歯科治療を受けたい患者さんに多く選ばれているのです。そして保険外診療の中でも耐久性や審美性の総合バランスが元も良いとされているのがオールセラミックなのです。

オールセラミックの魅力は何といっても、その美しい見た目でしょう。オールセラミック治療で使用されるセラミッククラウンは、天然歯の様の見た目を忠実に再現することが可能です。例えば歯の先端部分のごくわずかな透明感、歯の根元から先端にかけてのグラデーションを再現するにはオールセラミックが最適なのです。治療を行なう歯の状態や歯科技工士の技術レベルにもよりますが、オールセラミック治療で作成されたセラミッククラウンの見た目は一般的な人が見た場合、本物と見分けることが難しいほどのクオリティで仕上げることが可能なのです。